不動産投資物件探しの際に注目すべき「雨漏り」2

お安いのでメンテナンスをして使おうと思って購入した際は、
これらのメンテナンスを行う様にしましょう。

・屋根の点検
屋根素材の劣化等を点検し、
不具合がある場合は補修を行いましょう。
屋根防水の不具合、屋根板金や瓦屋根の不具合等、
業者に依頼して細かくチェックしてもらいましょう。
部分的な不具合は部分的な修繕で可能ですが、
あまりにも不具合が多い場合は全面リフォームをする事をオススメします。

・外壁の点検
コーキングやクラックを確認し、
不具合がある場合は補修を行いましょう。
コーキングの不具合が数か所ある程度でしたら
補修で済ませようと思うかもしれませんが、
1部劣化しているという事は次々と芋づる式に
不具合を起こすので、コーキング全部を打ち直す事をオススメします。
外壁のクラックは、Uカットした上に
コーキング補修をして塗料を補修します。
モルタルやコンクリート外壁のクラックは、
エポキシ樹脂を注入して補修を行います。
その後、塗装で補修を行います。

・軒天の点検
軒天からすがもりで雨漏りを起こしているのであれば、
どの部分から雨漏りが入り込んでいるのかを把握します。
有孔版から漏れている場合は、
有孔版を平版に取り替えて様子を見てみましょう。

・天井裏や外壁の中身の点検
雨漏りが起きているという事は、
当然天井裏や壁の中を使って内部表面に
雨染みを作っている事となります。
天井裏や壁の中の断熱材に水分が吸収してしまうと、
断熱効果が失われてしまいます。
雨漏りが見受けられたら、必ず天井裏や壁中を
点検し断熱材の充填し直しを行いましょう。

・カビ臭さの改善
室内がカビ臭くなっている場合は、
雨漏りの原因場所を突き止め修繕をして
カビ臭さは改善されない場合があります。
カビを取り除く為には、十分な換気が重要となります。
もう1つ役に立ってくれるのが、重層です。
重層にはカビの臭いを取り除くパワーがあり、
余分な湿気も取り除いてくれます。
不動産物件を購入した後、しばらく
重層を建物の中に置いてみましょう。

このように、雨漏りを起こしている不動産物件を
購入したとしても、対処する事が可能となります。
借り手が満足して生活できるよう、
雨漏りを起こさない快適な建物を維持するようにしましょう。
不動産物件を購入した際は、まずは業者に依頼して
雨漏りだけじゃなく様々な部分を点検してもらう事をオススメします。

雨漏りの原因は様々ですので、腕の良い業者を探すことが必須です。
点検をお願いする業者の探し方は様々ですが、
今の時代はインターネットで探すのがメジャーになってきています。
私のオススメキーワードは 「防水工事」です。
お住まいの地域で良い業者が見つかるでしょう。

老後の資金には不動産投資が最適

生活保障に関する調査によると、
老後に夫婦2人が生活していく為の
最低限必要な生活費は、22万円程と言われています。
そのため、資産運用等様々な事に
目を向けている方もすくなくありません。
株や投資信託、国際等、資産の運用方法は色々あります。
そんな中、注目されているのが不動産投資です。

不動産投資は、新たに物件を購入して不動産とする場合は、
月々のローンを家賃収入で賄って完済し、
その後は家賃収入を得ていく資産活用方法です。
このサイクルを、年金として活用していくという方法です。
老後の生活費の為に不動産投資が適している
理由とは、これらが挙げられます。

・年齢を増しても収入が可能
退職をして年齢を増して体が動きにくくなっても、
マンション等の不動産を所有していると、
借り手が要り限り家賃収入が可能となります。
月々の確実な家賃収入により、生活は充実します。

・売却をすればまとまったお金が手に入る
家賃収入を止めたいと思ったら、
不動産物件を売却してまとまったお金を手にする事が出来ます。
その費用で、老後に余裕を持たせる事も可能です。

・インフレやデフレの影響を受けにくい
株や投資信託などはインフレやデフレの影響を受けやすいので、
思った通りの利益を受ける事が出来なくなってしまう事があります。
不動産は現物の資産ですので、経済環境の変化は受けません。

・住まいは必ず必要な物
住まいは必ずなければいけない物ですので、
常に需要と供給がある物です。

・大黒柱が亡くなっても遺族年金のように収入を得る事が出来る
例え大黒柱が亡くなっても、
不動産収入がある事で遺族年金のように収入を得る事が出来ます。

・相続の際に税金が安い
不動産を相続する場合、時価に対しての評価ではなく
固定資産台帳や路線価により算出された評価により課税されるので、
相続税が少なく済みます。
他の資産を持っているよりも、節税対策とする事が出来ます。

このように、不動産を持って経営していれば、
年齢を増しても家賃収入を年金のように受け取る事が出来ます。

不動産投資をしていると、65歳まで年金がもらえない
無収入の場合でも、不動産により収入を得る事が出来ます。
65歳以降年金をもらえるようになると、
不動産収入と年金のWの収入となります。

不動産物件は減る物ではないので、
子供や孫にも不動産として継続させる事も可能です。
株や投資信託も良いですが、1番現実的なのは不動産投資です。
メンテナンスなどの費用は多少かかりますが、
それでも得られる利益の方が断然大きくなります。
既にお持ちの空き家や新規で購入する不動産物件により、
老後が気にならない収入を作ってみましょう。

この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメ

この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメです。

・空き家を持っている
空き家を持っている方は、それを活かして
戸建の不動産投資にする事をオススメします。

・空き地を持っている
空き地のままでは建物がある土地と比べて
6倍の固定資産税を支払っているので、とても損です。
建物を建てる事で固定資産税だけではなく相続税も少なくなります。
建物を建てて家賃収入を得る事が出来れば、
税金がお安くなり家賃収入も得る事が出来ますので、Wのお得となります。

・老後の収入を大きく得たい
老後の収入を大きくしたいのであれば、
戸建ての家賃収入が1番です。

また、戸建て賃貸住宅の場合は、
売却等手放す時も様々な選択肢があります。

・解体して更地にする
・家族等に譲渡して継続して使ってもらう
・借主に売却
・自宅として利用する


等色々な選択肢がありますので、
万が一賃貸としなくなった場合でも心配ありません。

戸建賃貸物件は、物件掲載後1か月以内に入居者が決まる傾向があります。
すぐ入居者が決まるので、空室になってしまう事は殆どありません。
マンション等の共同住宅の不動産物件よりも、
より良い不動産収入を得る事が出来ます。
特に、2020年に東京オリンピックがありますので、
都心の戸建不動産物件の需要は大きく増える事間違いありません。

戸建賃貸物件が求められる理由

マンションのような共同住宅ではなく
戸建賃貸物件が求められる理由は、これらがあります。

・家族で暮らすには適度な広さ
・収納等が広く使いやすい
・お風呂や洗面所が広い
・お庭が付いているのでガーデニング等様々な事を楽しむ事が出来る
・子供の騒音などをマンションのような上下階に影響を与える事が無い
・駐車スペースが広い
・ペットを飼う事が出来る


戸建賃貸には、マンションとは
比べ物にならない快適さがこんなにあります。
出来る事なら、殆どの方が戸建賃貸住宅に入りたいのです。

マンションのような共同住宅ではなく
1軒家の建設を必要としない「一生賃貸派」には、
このような方々が多くいらっしゃいます。

・住宅ローンを支払いたくない
1番は、住宅ローンも問題です。
購入してしまうと、最長35年の住宅ローンを
支払い続けなければいけなくなってしまいます。
そのようなプレッシャーを感じたくなく、
月々の家賃のみで気楽に暮らしていきたい方は物凄くいらっしゃいます。

・固定資産税を払いたくない
ご自分の建物では無く賃貸なので、
固定資産税の支払いがありません。
都内で1軒家を建てると膨大な
固定資産税を支払わなくてはいけないので、
そのようなしがらみには嫌だという方も多くいらっしゃいます。

・転勤族
お仕事柄転勤族の方は、1か所に定住は難しいです。
そのため、常に賃貸住宅暮らしとなってしまいます。
しかし、マンションのような共同住宅であれば
色々問題もあるので、出来れば避けたい。
そのような方が、1軒家の賃貸をご利用されています。

・住み替えが好き
1つの場所にとらわれず、定期的に色んな場所に
引っ越しして人生を謳歌したいという人は案外たくさんいらっしゃいます。
贅沢な事ではありますが、ある意味理想的な事とも言えます。

・持ち家のような責任を持ちたくない
持ち家となると、持ち主として様々な
責務がのしかかってきます。
賃貸に長く住まわれている方の中には、
そのような持ち主の責務を背負うのを嫌い、
気軽に賃貸に暮らしていきたいと思われる方も
多くいらっしゃいます。

これらにより、戸建ての賃貸住宅は
とても今とても優遇されております。
空き家をお持ちの方や不動産投資を行おうと
思っている方は、戸建ての賃貸を検討してみませんか。

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか2

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか
まだまだ対策はございます。

・水廻りのリフォームを行う
水廻りが汚いと、女性の顧客には
マイナスのイメージしか付きません。
水廻りを点検して少しでも不快に思う要素が
ある場合は、思い切ってリフォームをしましょう。
什器備品はホームセンターでもお安く売っていますので、
意外と安価に済ませる事が出来ます。
業者に依頼する際は、安価な什器備品を使うと
お安く納める事が出来ます。

・付帯サービスを無料にする
今の時代、インターネットが出来る建物は
当たり前となっております。
光ファイバー等でインターネット回線を取り入れると、
若い顧客の目に止まります。
また、BSやCSなどの回線を引いてある事をアピールすると、
若い方から年配の方まで注目してくれます。

このように、不動産物件に何らかの魅力があると、
顧客は必ず食い付きます。
殆どの不動産物件は似たような物ばかりですので、
何か1つでも魅力があるという事は大きな魅力として
受け取ってもらえます。
また、不動産物件に空き家状態が長くなると、
物件の劣化にもつながってしまいます。
1件家は劣化が激しくなる事で、雨漏りなどの
致命的な不具合を起こしてしまう事もありますので、
とても危険です。
なるべく空き家期間を少なくし、
建物も大家側も快適になりましょう。

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか

不動産投資繁忙期に不動産物件を購入し、
結果残ってしまった不動産物件に困っている方は
少なくないと思います。
不動産というのは、需要と供給の関係を
理解していなければ上手く出来ない事であり、
上手くいかない方はこのバランスが良くないという事となります。
春と秋の繁忙期以外に不動産物件をどう埋めていくのか、
あまりにも残る事が多い物件は何かしらの損失も考えなければいけません。
入居者対策には、これらの事にも目を向けるようにしてみましょう。

・敷金や礼金を減らす
敷金や礼金が建物にあっておらず、
いつまでも物件が残ってしまうという
パターンは少なくありません。
不動産屋さんにも相談をし、物件に合った
敷金や礼金に設定し直してみましょう。
1度に多くの賃料を得る考えよりも、
長い目でずっと賃料を得る方が大きな得となります。
損と思わず、いさぎよく金額を変えると
すぐに借り手が決まる事があります。

・家具家電を付ける
モデルハウスのように家具家電を設置し、
その状態で貸してあげるようにすると
顧客の目に大きく止まります。
モデルハウスとして見た状態そのままが手に入るので、
快適な物件を手に入れる事が出来ると思ってもらえます。

・内装のリフォームを行う
内装が綺麗で明るいと、
顧客の目に止まりがちです。
500番台のクロス等お安い材料で良いので、
内装を綺麗にリフォームしてみましょう。
予算が無い場合は、玄関ホールや居間、台所のみでも良いので、
リフォームするだけでかなり印象が変わります。

戸建て賃貸に注目が集まっている理由

不動産投資といえば、
マンションなどの共同住宅が定番です。
しかし、ここ最近では1戸建ての
不動産投資もの物凄く増えました。
空き家をお持ちの方は空き家にしておくのは、
もったいないですよ。
使う予定が無いのであれば、
不動産投資に目を向けてみませんか。
また、これから不動産投資を考えている方は、
戸建に目を向けてみましょう。
戸建てを不動産投資にとする事で
得られるメリットは、これらが挙げられます。

・節税効果を期待
宅地には固定資産税の減税制度があり、
200㎡の敷地の中にある建物に対して
固定資産税を1/6に減税してくれます。
更地にしてしまうと税金が一気に上がるので、
建物を空き家のままで放置しているお宅も少なくありません。
せっかく空き家にしているのでしたら、
不動産投資として賃貸し利益を得る方がお得となります。
不動産投資で、固定資産税を賄う事が出来ますよ。

・空き家のままでは劣化が激しくなってしまう
空き家にしたままでは、建物というのは
どんどん建物が劣化してしまいます。
人が入って使っていると、空気の流通があるので
建物が劣化しにくくなります。
建物を長持ちさせる為には、
長く空き家にしてはいけません。
賃貸にして利用してもらう事で、
建物の寿命を長くする事にも繋げる事が出来ます。

・戸建て賃貸は立地条件にあまり左右されない
戸建て賃貸は駅にそれほど近く無くても、
車を持っている方が借りられるのが多いので
ほとんど気にされません。
住宅地にあって駅まで遠い戸建てであっても、
ファミリー層には注目してもらえます。

・戸建て賃貸は契約期間が長い傾向がある
戸建ての賃貸はファミリー層の方がご利用される事が多く、
お子さんもいらっしゃるので学校の転校を嫌がります。
そのため、1度住むと何年も住んでくれますので、
安定した家賃収入を得る事が出来ます。

・需要が圧倒的に上回っている
戸建賃貸の物件数は少なく、
普及率が1.6%程しかありません。
戸建賃貸にしたい方は想像以上に多く、
80%もいらっしゃると言われています。
そのため、条件さえ合えば即戸建賃貸は
入居が決まるという事となります。
顧客の意に沿うような戸建物件を作ると、
理想な家賃収入を継続的に得る事が出来るという事となるのです。

・マンション等の共同住宅の不動産より高い利回り
マンション等の共同住宅の利回りは、
多くても8%程度しか得る事が出来ません。
戸建賃貸の場合は、12~20%の利回りを得る事が出来ます。
想像以上に高い利回りですので、
不動産投資には断然オススメなのです。

不動産投資物件リフォームの際に目を向けて欲しい水回り2

リフォームの際に目を向けて欲しい水回りはまだまだあります。

・洗濯機廻り
洗濯機の給水は、水とお湯が出る混合栓にしましょう。
古い物件の場合は水のみの給水になっている場合がありますが、
今時水のみの洗濯機の給水は有り得ないので、
借りようとしている方にとってはマイナスとなってしまいます。
また、洗濯機を乱暴に使って床を汚されない為に、
洗濯機パンを取り付けると綺麗な床のまま使ってもらえます。
続きを読む

不動産投資物件探しの際に注目すべき「雨漏り」

不動産物件を探している際に注目すべき部分は、雨漏りです。
不動産物件は古い物を扱う事が大半ですので、
当然雨漏りというのも視野に入れなくてはいけません。
不動産投資には、雨漏りは隣り合わせとなります。
どのような雰囲気が見受けられたら雨漏りを
引き起している事となるのか、そのポイントをまとめてみました。
続きを読む

不動産投資物件リフォームの際に目を向けて欲しい水回り

不動産投資物件を購入した後は、借り手が付くように
リフォームしなければいけません。
そこで目を向けて欲しいのが、水廻りのリフォームです。
水廻りが古いと、どうしても不衛生な感じがするので
借り手が付きにくい傾向があります。
賃貸に出す前に、水廻りを細かくチェックして
不快な部分が無いかを確認しましょう。
水廻りは、このような部分に目を向けて確認しましょう。
続きを読む