不動産投資物件探しの際に注目すべき「雨漏り」2

お安いのでメンテナンスをして使おうと思って購入した際は、
これらのメンテナンスを行う様にしましょう。

・屋根の点検
屋根素材の劣化等を点検し、
不具合がある場合は補修を行いましょう。
屋根防水の不具合、屋根板金や瓦屋根の不具合等、
業者に依頼して細かくチェックしてもらいましょう。
部分的な不具合は部分的な修繕で可能ですが、
あまりにも不具合が多い場合は全面リフォームをする事をオススメします。

・外壁の点検
コーキングやクラックを確認し、
不具合がある場合は補修を行いましょう。
コーキングの不具合が数か所ある程度でしたら
補修で済ませようと思うかもしれませんが、
1部劣化しているという事は次々と芋づる式に
不具合を起こすので、コーキング全部を打ち直す事をオススメします。
外壁のクラックは、Uカットした上に
コーキング補修をして塗料を補修します。
モルタルやコンクリート外壁のクラックは、
エポキシ樹脂を注入して補修を行います。
その後、塗装で補修を行います。

・軒天の点検
軒天からすがもりで雨漏りを起こしているのであれば、
どの部分から雨漏りが入り込んでいるのかを把握します。
有孔版から漏れている場合は、
有孔版を平版に取り替えて様子を見てみましょう。

・天井裏や外壁の中身の点検
雨漏りが起きているという事は、
当然天井裏や壁の中を使って内部表面に
雨染みを作っている事となります。
天井裏や壁の中の断熱材に水分が吸収してしまうと、
断熱効果が失われてしまいます。
雨漏りが見受けられたら、必ず天井裏や壁中を
点検し断熱材の充填し直しを行いましょう。

・カビ臭さの改善
室内がカビ臭くなっている場合は、
雨漏りの原因場所を突き止め修繕をして
カビ臭さは改善されない場合があります。
カビを取り除く為には、十分な換気が重要となります。
もう1つ役に立ってくれるのが、重層です。
重層にはカビの臭いを取り除くパワーがあり、
余分な湿気も取り除いてくれます。
不動産物件を購入した後、しばらく
重層を建物の中に置いてみましょう。

このように、雨漏りを起こしている不動産物件を
購入したとしても、対処する事が可能となります。
借り手が満足して生活できるよう、
雨漏りを起こさない快適な建物を維持するようにしましょう。
不動産物件を購入した際は、まずは業者に依頼して
雨漏りだけじゃなく様々な部分を点検してもらう事をオススメします。

雨漏りの原因は様々ですので、腕の良い業者を探すことが必須です。
点検をお願いする業者の探し方は様々ですが、
今の時代はインターネットで探すのがメジャーになってきています。
私のオススメキーワードは 「防水工事」です。
お住まいの地域で良い業者が見つかるでしょう。

不動産投資物件探しの際に注目すべき「雨漏り」

不動産物件を探している際に注目すべき部分は、雨漏りです。
不動産物件は古い物を扱う事が大半ですので、
当然雨漏りというのも視野に入れなくてはいけません。
不動産投資には、雨漏りは隣り合わせとなります。
どのような雰囲気が見受けられたら雨漏りを
引き起している事となるのか、そのポイントをまとめてみました。
続きを読む

不動産投資物件リフォームの際に目を向けて欲しい水回り

不動産投資物件を購入した後は、借り手が付くように
リフォームしなければいけません。
そこで目を向けて欲しいのが、水廻りのリフォームです。
水廻りが古いと、どうしても不衛生な感じがするので
借り手が付きにくい傾向があります。
賃貸に出す前に、水廻りを細かくチェックして
不快な部分が無いかを確認しましょう。
水廻りは、このような部分に目を向けて確認しましょう。
続きを読む

不動産投資におけるコツとは

~不動産物件はこのように物件を探そう~

不動産投資は、簡単そうで難しいとも言えます。
コツコツ調べて行っていかなければ、良い投資には進む事が出来ません。
出来る事なら、失敗しない不動産投資を行いたいものですよね。
スムーズで理想的な不動産投資を行う為には、
これらのポイントを抑えて物件を選びましょう。
続きを読む