単身用アパートに不動産投資する際の間取りのポイント

アパート経営で不動産投資をされる中には、
間取りが単身者用のアパートの経営に
目を向ける方も多くいらっしゃいます。

小さくコンパクトな間取りを1戸に出来るので
手軽にマンション経営が出来るととても人気です。
最近の単身者用の間取りは、単に部屋数が少なくてコンパクトであれば
何でも良い訳ではありません。
ニーズも随分変わってきているので、どのような間取りや仕様が
単身者に求められているのかを盛り込むことが、大きなカギとなります。
最近の単身者用マンションの場合、どのようなポイントに目を向ければ良いか
ご紹介致します。

・ワンルームから1DKの時代に
以前はワンルームでこじんまりとしている間取りが求められましたが、
今は考え方が変わり1DKを求める方も多くなりました。
居間の他に最低1部屋は必要という事となり、最低他に6畳間は必要となります。

・バストイレ、洗面所の独立
以前は、ユニットバスの中にトイレと洗面があるのが一般的でしたが、
今現在はそのようなユニットバスは全く求められておりません。
単身者の間取りであってもゆとりと快適さを求めるようになっているため、
お風呂場はお風呂、トイレはトイレ、洗面台は洗面所など、
独立した空間を求められるようになりました。
お風呂は給湯のみでもOKですが、洗面台には洗髪が出来るもの、
トイレはウォシュレット付きが好まれます。

・収納が多い
物を多く持っている現代の若い方々は、収納の多さも重視します。
以前は大きくても畳1枚分のクローセットが精いっぱいでしたが、
今現在は最低でも畳2枚分以上の収納が求められます。
折り戸調のクローゼットを2か所でもいいですし、
ウォークインクローゼットも好まれます。
収納が少ないお部屋は敬遠されていますので、
いかに収納を多く設けるかが人気の鍵となります。

・クッションフロアではなくフローリングの床
アパートといえば張り替えが簡単なクッションフロアを採用される場合が多いですが、
クッションフロアは偽物感があって好まないという方が多くいらっしゃいます。
フローリングが物凄く好まれますので、フロアーで床を仕上げる事がオススメです。
お安いフロアーでしたらクッションフロアよりも少し高い費用で施工出来ますので、
大きな負担とはなりません。

戸建不動産投資を扱う際に注目してほしい意外な盲点に注目2

戸建不動産物件ですが、
古い不動産物件のメンテナンスの際に
意外と見落としてしまう盲点があります。
そのポイントを、まとめた続きとなります。

・網戸を付ける
意外とありそうでないのが、網戸を取り付ける事です。
夏場は暑いので、どうしても窓を開ける事が多くなります。
網戸を付けていない状態で窓を開けられてしまうと、
家の中に虫がいっぱい入ってしまい、
虫の影響で建物が傷んでしまう事があります。
最低限網戸は各部屋に付けるようにし、
虫を建物の中に入れないようにしましょう。

・物置
不動産賃貸物件なのに物置まで不要、
と思われるかもしれません。
しかし、物置が無いと何でも建物の中に入れられてしまい、
床か壁などにこすってしまう事で劣化が激しくなってしまいます。
物置を1つ配置しておくだけで、
不要な物は建物から出して収納してくれますので、
建物の寿命を長くさせる事に繋がります。

・雨樋の点検
既に取り付いているせいか
盲点になってしまうのが、雨樋です。
雨樋は落ち葉やゴミ等が入り込む事が多く、
詰まらせている状態がよくあります。
雨樋が詰まっていると、軒先から建物に
雨漏りを生じてしまう事があります。
雨漏りに発展し、借主の家財に影響を与えてしまうと
大きな賠償問題となってしまいます。
雨樋は綺麗に清掃をし、借り手が付いて引っ越された後も
定期的に清掃を行う様にしましょう。

・床下換気口の点検
床下換気口は、建物が古くなればなるほど
とても大切な役割を発揮します。
戸建の不動産物件は築年数が経っている物が多いので、
床下換気口がスムーズに明かない場合があります。
床下換気口を春先開ける事で建物の中の空気の流通が出来、
秋に閉める事で冷たい空気を建物内部入れ込まない事が出来ます。
床下換気口は、何らかの原因によりゆがんでしまい
開閉が難しくなってしまう事があります。
戸建不動産物件の床下換気口の動きはどうなのか点検をし、
スムーズに動かす事が出来ないのであれば調整や
新しい物に取り替えるようにしましょう。

このように、戸建ての不動産物件には
様々な目を向けないといけない部分というのがあります。
盲点な部分にも目を向け、
快適な戸建不動産物件を維持しましょう。

戸建不動産投資を扱う際に注目してほしい意外な盲点に注目

戸建不動産投資物件は、
とてもニーズがある不動産物件です。
戸建不動産物件を掲載すると、
それほど時間もかけず借り手が見つかると
言われている程、ニーズが大変多い物件です。
そんな戸建不動産物件ですが、
古い不動産物件のメンテナンスの際に
意外と見落としてしまう盲点があります。
そのポイントを、まとめてみました。

・階段
戸建の不動産物件となる建物は築30年以上の
古い建物が多く、階段が古臭い場合が良くあります。
フローリングや壁紙と違い安易に張り替えが出来ないせいか、
そのままの状態で不動産賃貸物件として
貸してしまう事が多くあります。
そんな階段の上から貼れてしまう、
階段メンテナンス材があります。
6㎜程度の薄い建材であり、階段の上から
接着剤で貼るだけで新品の階段に作り替えたかのような
快適な階段へと演出してくれます。
各メーカーから出ており、ただ貼るだけですので
1日程度の工期で終わらせる事が出来ます。

・木製建具
戸建の不動産物件となる建物は築年数があるので、
木製建具も古臭い物が多くあります。
取り付いている木製建具を見ただけで古さを
強く感じてしますので、木製建具を変えてみると
ガラッと雰囲気が変わります。
あまりお金を掛けたくない場合は、
1階だけでも木製建具を取り替えると
雰囲気が大きく変わります。

戸建の不動産投資の際に目を向けて欲しい外観2

玄関周りにも気を付けてみてみましょう。

・玄関ポーチを清潔に
玄関ポーチは、どうしても汚くなりがちです。
高圧洗浄を掛けて綺麗にし、
タイルやゴムチップを貼ると見た目がグンと上がります。

・玄関ポーチの照明器具の劣化
意外と目に付きにくいのが、
玄関ポーチの照明器具の劣化状態です。
玄関ポーチの照明器具は意外と塩害に侵されている事が多くあり、
塗膜が剥がれていたりする事があります。
汚く古臭い感じを発揮しますので、
塗装を塗ると雰囲気がガラッと変わります。

・インターフォン
不動産物件になる建物のインターフォンは、
昔の古臭いインターフォンの場合が多くあります。
借主の事を考えると、
現代のモニター付きインターフォンのする事が望ましいです。

・玄関ドア周りの綺麗さ
戸建の不動産物件の場合は、
玄関ドアの周りが色んなシール類等により
汚くなっている事が多くあります。
玄関回りを細かく点検をし、
シール等の汚い物は全て取り除き綺麗にしましょう。

不動産物件は建物の内部ばかりに目が行きがちですが、
外観はとても大事です。
初めて借主が建物を見た際、外観にガッカリ感があれば
内観を見てもガッカリ感のマイナスが入った状態での評価となってしまいます。
外観は、とても大事な部分なのです。
不動産物件に多額の補修費用を掛けるのは難しい方も
多いと思いますが、少しの工夫で綺麗な外観に見せる事は可能です。
綺麗にスッキリさせ、外観からも借りたいと
思わせるような不動産物件としましょう。

戸建の不動産投資の際に目を向けて欲しい外観1

戸建の不動産投資の場合は、
マンション等の共同住宅の不動産投資とは違い、
目を向けなければいけないポイントが多くあります。
そのうちの1つに、外観があります。

マンション等の共同住宅は管理組合の方で
外観の管理をしているので、
借り手もあまり気になる事はありません。
しかし、戸建の不動産の場合、
外観の見た目というのは大きな差がある傾向があります。
不動産物件の場合古い建物が主流ですので、
どうしても外観の見た目が悪くなっている物
件が多くあるのが現状です。
見た目が良くない戸建の不動産物件は、
内観を見る事にも気が引けてしまうものです。
借主の目に付きやすいよう、
きちんとした外観作りに注目しましょう。

戸建不動産物件の外観は、
これらの部分に目を向けてみましょう。

・外壁は綺麗に
不動産の戸建は古い物が多いので、
外壁はどうしても汚れてしまいがちです。
不動産を見る際に初めて見るのが建物の外観ですので、
雨染みなど汚い状態であれば気持ちが半減してしまいます。
不動産を視察してもらう前には、
高圧洗浄などで綺麗にしておきましょう。
また、今後の外壁のメンテナンスの手間を掛けずに
綺麗な外観を維持したい場合は、
親水性がある塗料を塗布すると常に綺麗な外壁を
維持させる事が出来ます。

・門や塀を綺麗に
門や塀にブロックやコンクリートを使っている場合は、
カビや藻等で汚くなっている事が多くあります。
門や塀も高圧洗浄を掛けると、綺麗な状態となります。
綺麗を維持させたい場合は、
防カビの塗料を塗布すると綺麗を維持させる事が出来ます。

・草木等を綺麗に
不動産物件は実際住んでいない建物ですので、
どうしても雑草や木の生い茂りが激しくなってしまいます。
不動産物件を借主が視察する前には、
雑草や木を綺麗にし、清涼感を引き出しましょう。

老後の資金には不動産投資が最適

生活保障に関する調査によると、
老後に夫婦2人が生活していく為の
最低限必要な生活費は、22万円程と言われています。
そのため、資産運用等様々な事に
目を向けている方もすくなくありません。
株や投資信託、国際等、資産の運用方法は色々あります。
そんな中、注目されているのが不動産投資です。

不動産投資は、新たに物件を購入して不動産とする場合は、
月々のローンを家賃収入で賄って完済し、
その後は家賃収入を得ていく資産活用方法です。
このサイクルを、年金として活用していくという方法です。
老後の生活費の為に不動産投資が適している
理由とは、これらが挙げられます。

・年齢を増しても収入が可能
退職をして年齢を増して体が動きにくくなっても、
マンション等の不動産を所有していると、
借り手が要り限り家賃収入が可能となります。
月々の確実な家賃収入により、生活は充実します。

・売却をすればまとまったお金が手に入る
家賃収入を止めたいと思ったら、
不動産物件を売却してまとまったお金を手にする事が出来ます。
その費用で、老後に余裕を持たせる事も可能です。

・インフレやデフレの影響を受けにくい
株や投資信託などはインフレやデフレの影響を受けやすいので、
思った通りの利益を受ける事が出来なくなってしまう事があります。
不動産は現物の資産ですので、経済環境の変化は受けません。

・住まいは必ず必要な物
住まいは必ずなければいけない物ですので、
常に需要と供給がある物です。

・大黒柱が亡くなっても遺族年金のように収入を得る事が出来る
例え大黒柱が亡くなっても、
不動産収入がある事で遺族年金のように収入を得る事が出来ます。

・相続の際に税金が安い
不動産を相続する場合、時価に対しての評価ではなく
固定資産台帳や路線価により算出された評価により課税されるので、
相続税が少なく済みます。
他の資産を持っているよりも、節税対策とする事が出来ます。

このように、不動産を持って経営していれば、
年齢を増しても家賃収入を年金のように受け取る事が出来ます。

不動産投資をしていると、65歳まで年金がもらえない
無収入の場合でも、不動産により収入を得る事が出来ます。
65歳以降年金をもらえるようになると、
不動産収入と年金のWの収入となります。

不動産物件は減る物ではないので、
子供や孫にも不動産として継続させる事も可能です。
株や投資信託も良いですが、1番現実的なのは不動産投資です。
メンテナンスなどの費用は多少かかりますが、
それでも得られる利益の方が断然大きくなります。
既にお持ちの空き家や新規で購入する不動産物件により、
老後が気にならない収入を作ってみましょう。

この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメ

この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメです。

・空き家を持っている
空き家を持っている方は、それを活かして
戸建の不動産投資にする事をオススメします。

・空き地を持っている
空き地のままでは建物がある土地と比べて
6倍の固定資産税を支払っているので、とても損です。
建物を建てる事で固定資産税だけではなく相続税も少なくなります。
建物を建てて家賃収入を得る事が出来れば、
税金がお安くなり家賃収入も得る事が出来ますので、Wのお得となります。

・老後の収入を大きく得たい
老後の収入を大きくしたいのであれば、
戸建ての家賃収入が1番です。

また、戸建て賃貸住宅の場合は、
売却等手放す時も様々な選択肢があります。

・解体して更地にする
・家族等に譲渡して継続して使ってもらう
・借主に売却
・自宅として利用する


等色々な選択肢がありますので、
万が一賃貸としなくなった場合でも心配ありません。

戸建賃貸物件は、物件掲載後1か月以内に入居者が決まる傾向があります。
すぐ入居者が決まるので、空室になってしまう事は殆どありません。
マンション等の共同住宅の不動産物件よりも、
より良い不動産収入を得る事が出来ます。
特に、2020年に東京オリンピックがありますので、
都心の戸建不動産物件の需要は大きく増える事間違いありません。

戸建賃貸物件が求められる理由

マンションのような共同住宅ではなく
戸建賃貸物件が求められる理由は、これらがあります。

・家族で暮らすには適度な広さ
・収納等が広く使いやすい
・お風呂や洗面所が広い
・お庭が付いているのでガーデニング等様々な事を楽しむ事が出来る
・子供の騒音などをマンションのような上下階に影響を与える事が無い
・駐車スペースが広い
・ペットを飼う事が出来る


戸建賃貸には、マンションとは
比べ物にならない快適さがこんなにあります。
出来る事なら、殆どの方が戸建賃貸住宅に入りたいのです。

マンションのような共同住宅ではなく
1軒家の建設を必要としない「一生賃貸派」には、
このような方々が多くいらっしゃいます。

・住宅ローンを支払いたくない
1番は、住宅ローンも問題です。
購入してしまうと、最長35年の住宅ローンを
支払い続けなければいけなくなってしまいます。
そのようなプレッシャーを感じたくなく、
月々の家賃のみで気楽に暮らしていきたい方は物凄くいらっしゃいます。

・固定資産税を払いたくない
ご自分の建物では無く賃貸なので、
固定資産税の支払いがありません。
都内で1軒家を建てると膨大な
固定資産税を支払わなくてはいけないので、
そのようなしがらみには嫌だという方も多くいらっしゃいます。

・転勤族
お仕事柄転勤族の方は、1か所に定住は難しいです。
そのため、常に賃貸住宅暮らしとなってしまいます。
しかし、マンションのような共同住宅であれば
色々問題もあるので、出来れば避けたい。
そのような方が、1軒家の賃貸をご利用されています。

・住み替えが好き
1つの場所にとらわれず、定期的に色んな場所に
引っ越しして人生を謳歌したいという人は案外たくさんいらっしゃいます。
贅沢な事ではありますが、ある意味理想的な事とも言えます。

・持ち家のような責任を持ちたくない
持ち家となると、持ち主として様々な
責務がのしかかってきます。
賃貸に長く住まわれている方の中には、
そのような持ち主の責務を背負うのを嫌い、
気軽に賃貸に暮らしていきたいと思われる方も
多くいらっしゃいます。

これらにより、戸建ての賃貸住宅は
とても今とても優遇されております。
空き家をお持ちの方や不動産投資を行おうと
思っている方は、戸建ての賃貸を検討してみませんか。

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか2

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか
まだまだ対策はございます。

・水廻りのリフォームを行う
水廻りが汚いと、女性の顧客には
マイナスのイメージしか付きません。
水廻りを点検して少しでも不快に思う要素が
ある場合は、思い切ってリフォームをしましょう。
什器備品はホームセンターでもお安く売っていますので、
意外と安価に済ませる事が出来ます。
業者に依頼する際は、安価な什器備品を使うと
お安く納める事が出来ます。

・付帯サービスを無料にする
今の時代、インターネットが出来る建物は
当たり前となっております。
光ファイバー等でインターネット回線を取り入れると、
若い顧客の目に止まります。
また、BSやCSなどの回線を引いてある事をアピールすると、
若い方から年配の方まで注目してくれます。

このように、不動産物件に何らかの魅力があると、
顧客は必ず食い付きます。
殆どの不動産物件は似たような物ばかりですので、
何か1つでも魅力があるという事は大きな魅力として
受け取ってもらえます。
また、不動産物件に空き家状態が長くなると、
物件の劣化にもつながってしまいます。
1件家は劣化が激しくなる事で、雨漏りなどの
致命的な不具合を起こしてしまう事もありますので、
とても危険です。
なるべく空き家期間を少なくし、
建物も大家側も快適になりましょう。

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか

不動産投資繁忙期に不動産物件を購入し、
結果残ってしまった不動産物件に困っている方は
少なくないと思います。
不動産というのは、需要と供給の関係を
理解していなければ上手く出来ない事であり、
上手くいかない方はこのバランスが良くないという事となります。
春と秋の繁忙期以外に不動産物件をどう埋めていくのか、
あまりにも残る事が多い物件は何かしらの損失も考えなければいけません。
入居者対策には、これらの事にも目を向けるようにしてみましょう。

・敷金や礼金を減らす
敷金や礼金が建物にあっておらず、
いつまでも物件が残ってしまうという
パターンは少なくありません。
不動産屋さんにも相談をし、物件に合った
敷金や礼金に設定し直してみましょう。
1度に多くの賃料を得る考えよりも、
長い目でずっと賃料を得る方が大きな得となります。
損と思わず、いさぎよく金額を変えると
すぐに借り手が決まる事があります。

・家具家電を付ける
モデルハウスのように家具家電を設置し、
その状態で貸してあげるようにすると
顧客の目に大きく止まります。
モデルハウスとして見た状態そのままが手に入るので、
快適な物件を手に入れる事が出来ると思ってもらえます。

・内装のリフォームを行う
内装が綺麗で明るいと、
顧客の目に止まりがちです。
500番台のクロス等お安い材料で良いので、
内装を綺麗にリフォームしてみましょう。
予算が無い場合は、玄関ホールや居間、台所のみでも良いので、
リフォームするだけでかなり印象が変わります。