この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメ

この様な方には、戸建ての不動産投資がオススメです。

・空き家を持っている
空き家を持っている方は、それを活かして
戸建の不動産投資にする事をオススメします。

・空き地を持っている
空き地のままでは建物がある土地と比べて
6倍の固定資産税を支払っているので、とても損です。
建物を建てる事で固定資産税だけではなく相続税も少なくなります。
建物を建てて家賃収入を得る事が出来れば、
税金がお安くなり家賃収入も得る事が出来ますので、Wのお得となります。

・老後の収入を大きく得たい
老後の収入を大きくしたいのであれば、
戸建ての家賃収入が1番です。

また、戸建て賃貸住宅の場合は、
売却等手放す時も様々な選択肢があります。

・解体して更地にする
・家族等に譲渡して継続して使ってもらう
・借主に売却
・自宅として利用する


等色々な選択肢がありますので、
万が一賃貸としなくなった場合でも心配ありません。

戸建賃貸物件は、物件掲載後1か月以内に入居者が決まる傾向があります。
すぐ入居者が決まるので、空室になってしまう事は殆どありません。
マンション等の共同住宅の不動産物件よりも、
より良い不動産収入を得る事が出来ます。
特に、2020年に東京オリンピックがありますので、
都心の戸建不動産物件の需要は大きく増える事間違いありません。

戸建賃貸物件が求められる理由

マンションのような共同住宅ではなく
戸建賃貸物件が求められる理由は、これらがあります。

・家族で暮らすには適度な広さ
・収納等が広く使いやすい
・お風呂や洗面所が広い
・お庭が付いているのでガーデニング等様々な事を楽しむ事が出来る
・子供の騒音などをマンションのような上下階に影響を与える事が無い
・駐車スペースが広い
・ペットを飼う事が出来る


戸建賃貸には、マンションとは
比べ物にならない快適さがこんなにあります。
出来る事なら、殆どの方が戸建賃貸住宅に入りたいのです。

マンションのような共同住宅ではなく
1軒家の建設を必要としない「一生賃貸派」には、
このような方々が多くいらっしゃいます。

・住宅ローンを支払いたくない
1番は、住宅ローンも問題です。
購入してしまうと、最長35年の住宅ローンを
支払い続けなければいけなくなってしまいます。
そのようなプレッシャーを感じたくなく、
月々の家賃のみで気楽に暮らしていきたい方は物凄くいらっしゃいます。

・固定資産税を払いたくない
ご自分の建物では無く賃貸なので、
固定資産税の支払いがありません。
都内で1軒家を建てると膨大な
固定資産税を支払わなくてはいけないので、
そのようなしがらみには嫌だという方も多くいらっしゃいます。

・転勤族
お仕事柄転勤族の方は、1か所に定住は難しいです。
そのため、常に賃貸住宅暮らしとなってしまいます。
しかし、マンションのような共同住宅であれば
色々問題もあるので、出来れば避けたい。
そのような方が、1軒家の賃貸をご利用されています。

・住み替えが好き
1つの場所にとらわれず、定期的に色んな場所に
引っ越しして人生を謳歌したいという人は案外たくさんいらっしゃいます。
贅沢な事ではありますが、ある意味理想的な事とも言えます。

・持ち家のような責任を持ちたくない
持ち家となると、持ち主として様々な
責務がのしかかってきます。
賃貸に長く住まわれている方の中には、
そのような持ち主の責務を背負うのを嫌い、
気軽に賃貸に暮らしていきたいと思われる方も
多くいらっしゃいます。

これらにより、戸建ての賃貸住宅は
とても今とても優遇されております。
空き家をお持ちの方や不動産投資を行おうと
思っている方は、戸建ての賃貸を検討してみませんか。

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか2

繁忙期後に残ってしまった不動産投資物件はどうするべきか
まだまだ対策はございます。

・水廻りのリフォームを行う
水廻りが汚いと、女性の顧客には
マイナスのイメージしか付きません。
水廻りを点検して少しでも不快に思う要素が
ある場合は、思い切ってリフォームをしましょう。
什器備品はホームセンターでもお安く売っていますので、
意外と安価に済ませる事が出来ます。
業者に依頼する際は、安価な什器備品を使うと
お安く納める事が出来ます。

・付帯サービスを無料にする
今の時代、インターネットが出来る建物は
当たり前となっております。
光ファイバー等でインターネット回線を取り入れると、
若い顧客の目に止まります。
また、BSやCSなどの回線を引いてある事をアピールすると、
若い方から年配の方まで注目してくれます。

このように、不動産物件に何らかの魅力があると、
顧客は必ず食い付きます。
殆どの不動産物件は似たような物ばかりですので、
何か1つでも魅力があるという事は大きな魅力として
受け取ってもらえます。
また、不動産物件に空き家状態が長くなると、
物件の劣化にもつながってしまいます。
1件家は劣化が激しくなる事で、雨漏りなどの
致命的な不具合を起こしてしまう事もありますので、
とても危険です。
なるべく空き家期間を少なくし、
建物も大家側も快適になりましょう。