戸建不動産投資を扱う際に注目してほしい意外な盲点に注目2

戸建不動産物件ですが、
古い不動産物件のメンテナンスの際に
意外と見落としてしまう盲点があります。
そのポイントを、まとめた続きとなります。

・網戸を付ける
意外とありそうでないのが、網戸を取り付ける事です。
夏場は暑いので、どうしても窓を開ける事が多くなります。
網戸を付けていない状態で窓を開けられてしまうと、
家の中に虫がいっぱい入ってしまい、
虫の影響で建物が傷んでしまう事があります。
最低限網戸は各部屋に付けるようにし、
虫を建物の中に入れないようにしましょう。

・物置
不動産賃貸物件なのに物置まで不要、
と思われるかもしれません。
しかし、物置が無いと何でも建物の中に入れられてしまい、
床か壁などにこすってしまう事で劣化が激しくなってしまいます。
物置を1つ配置しておくだけで、
不要な物は建物から出して収納してくれますので、
建物の寿命を長くさせる事に繋がります。

・雨樋の点検
既に取り付いているせいか
盲点になってしまうのが、雨樋です。
雨樋は落ち葉やゴミ等が入り込む事が多く、
詰まらせている状態がよくあります。
雨樋が詰まっていると、軒先から建物に
雨漏りを生じてしまう事があります。
雨漏りに発展し、借主の家財に影響を与えてしまうと
大きな賠償問題となってしまいます。
雨樋は綺麗に清掃をし、借り手が付いて引っ越された後も
定期的に清掃を行う様にしましょう。

・床下換気口の点検
床下換気口は、建物が古くなればなるほど
とても大切な役割を発揮します。
戸建の不動産物件は築年数が経っている物が多いので、
床下換気口がスムーズに明かない場合があります。
床下換気口を春先開ける事で建物の中の空気の流通が出来、
秋に閉める事で冷たい空気を建物内部入れ込まない事が出来ます。
床下換気口は、何らかの原因によりゆがんでしまい
開閉が難しくなってしまう事があります。
戸建不動産物件の床下換気口の動きはどうなのか点検をし、
スムーズに動かす事が出来ないのであれば調整や
新しい物に取り替えるようにしましょう。

このように、戸建ての不動産物件には
様々な目を向けないといけない部分というのがあります。
盲点な部分にも目を向け、
快適な戸建不動産物件を維持しましょう。

戸建不動産投資を扱う際に注目してほしい意外な盲点に注目

戸建不動産投資物件は、
とてもニーズがある不動産物件です。
戸建不動産物件を掲載すると、
それほど時間もかけず借り手が見つかると
言われている程、ニーズが大変多い物件です。
そんな戸建不動産物件ですが、
古い不動産物件のメンテナンスの際に
意外と見落としてしまう盲点があります。
そのポイントを、まとめてみました。

・階段
戸建の不動産物件となる建物は築30年以上の
古い建物が多く、階段が古臭い場合が良くあります。
フローリングや壁紙と違い安易に張り替えが出来ないせいか、
そのままの状態で不動産賃貸物件として
貸してしまう事が多くあります。
そんな階段の上から貼れてしまう、
階段メンテナンス材があります。
6㎜程度の薄い建材であり、階段の上から
接着剤で貼るだけで新品の階段に作り替えたかのような
快適な階段へと演出してくれます。
各メーカーから出ており、ただ貼るだけですので
1日程度の工期で終わらせる事が出来ます。

・木製建具
戸建の不動産物件となる建物は築年数があるので、
木製建具も古臭い物が多くあります。
取り付いている木製建具を見ただけで古さを
強く感じてしますので、木製建具を変えてみると
ガラッと雰囲気が変わります。
あまりお金を掛けたくない場合は、
1階だけでも木製建具を取り替えると
雰囲気が大きく変わります。

戸建の不動産投資の際に目を向けて欲しい外観2

玄関周りにも気を付けてみてみましょう。

・玄関ポーチを清潔に
玄関ポーチは、どうしても汚くなりがちです。
高圧洗浄を掛けて綺麗にし、
タイルやゴムチップを貼ると見た目がグンと上がります。

・玄関ポーチの照明器具の劣化
意外と目に付きにくいのが、
玄関ポーチの照明器具の劣化状態です。
玄関ポーチの照明器具は意外と塩害に侵されている事が多くあり、
塗膜が剥がれていたりする事があります。
汚く古臭い感じを発揮しますので、
塗装を塗ると雰囲気がガラッと変わります。

・インターフォン
不動産物件になる建物のインターフォンは、
昔の古臭いインターフォンの場合が多くあります。
借主の事を考えると、
現代のモニター付きインターフォンのする事が望ましいです。

・玄関ドア周りの綺麗さ
戸建の不動産物件の場合は、
玄関ドアの周りが色んなシール類等により
汚くなっている事が多くあります。
玄関回りを細かく点検をし、
シール等の汚い物は全て取り除き綺麗にしましょう。

不動産物件は建物の内部ばかりに目が行きがちですが、
外観はとても大事です。
初めて借主が建物を見た際、外観にガッカリ感があれば
内観を見てもガッカリ感のマイナスが入った状態での評価となってしまいます。
外観は、とても大事な部分なのです。
不動産物件に多額の補修費用を掛けるのは難しい方も
多いと思いますが、少しの工夫で綺麗な外観に見せる事は可能です。
綺麗にスッキリさせ、外観からも借りたいと
思わせるような不動産物件としましょう。