不動産投資ローンとは

不動産投資は、まとまった費用が必要となります。
自己資金で賄う事が出来れば良いですが、
ほとんどの場合自己資金だけでの不動産投資は少なく、
融資を受けて不動産投資を行われる方が大半です。

建物購入の際には、様々なローンがございます。
不動産投資物件を購入される際には、
不動産投資ローンを使われる事をオススメします。

今回は不動産投資ローンの概要についてご紹介致します。

〇不動産投資ローンはどのようなローン?
不動産投資ローンとは、不動産投資用のマンションや住宅等の不動産を
投資目的で購入する際に融資を受ける事が出来るローンです。
投資目的で購入する物件が担保となり、融資を受けます。

〇住宅ローンと不動産投資ローンの違い
建物を購入する際は住宅ローンから融資を受ける事が一般的ですが、
不動産投資ローンは不動産投資物件を購入する際に
受ける事が出来る融資です。
この2つのローンの決定的な違いは、これらが挙げられます。

・住宅ローンの場合
 融資を受ける本人の年収などの返済能力が重視されます。

・不動産ローンの場合
 投資物件の採算性や可能性などが重視され審査となります。

不動産物件の採算性が最重要視され、
融資を受ける返済能力ばかりが問われる訳ではないので、
融資を受けやすい傾向があります。

〇不動産投資を受ける事によるメリットとは
不動産投資ローンが不動産物件購入に適している理由は、
これらの2つのメリットがあります。

・少ない自己資金で不動産投資が可能
 不動産投資ローンを組む事で、少ない自己資金でも
 不動産投資が可能となります。
 小さい資金で大きな金額を動かす事が出来ますので、
 資産を形成しやすくする事が出来ます。
 貯金が少ない若い方でも、不動産投資ローンから融資を受けると
 不動産投資が可能となります。

・他のローンが残っていても借入が可能
 新築建物購入の際のローンが残っていても、不動産物件の投資の
 未来性や可能性が審査されます。
 不動産物件の未来性が認められれば借入が可能となります。

不動産投資ローンは、大きく分けてこれらの2つがあります。

・不動産投資会社の「提携ローン」
 提携ローンは、不動産会社の属性により融資の枠や金利などに
 大きな差があります。
 不動産投資会社に問い合わせて、詳しく確認してみましょう。

・金融機関の「金融機関ローン」
 一般的な銀行にて行っている不動産投資ローンであり、
 現在不動産投資ローンを積極的に行っている銀行は6つございます。
  東京スター銀行、オリックス銀行、住信SBIネット銀行、
  日本政策金融公庫、SMBC信託銀行、スルガ銀行
 などで行っております。

不動産物件探しのコツやポイントとは

不動産投資をしてみたいなと思っても、物件の購入方法や不動産投資のコツなどわかりにくく
不安になってしまう方も多いと思います。
不動産投資物件の購入は、簡単な事ではありません。
安易に購入してしまうと、失敗してしまう事があります。
せっかくの投資なのに、失敗してしまっては全く意味がなくなってしまいます。

まず知っていただきたいのは、「いい物件は簡単には見つからない」ということです。

いい物件というのは、簡単に見つかりません。
何十件何百件と検索し、その中から選定しないと見つからないことが大半です。

安易にチラっと見ただけで見極める事が出来るというのは有り得ませんので、
勘違いをしないようにしましょう。
安易に物件を探して決定すると、その不動産投資は間違いなく失敗してしまいます。
基本は1000件の物件をチェックし、10件の建物を実際に自分の目で見て確認し
そのうちの1件を購入するという事です。
その為には、相当な時間がかかります。
かなりの時間をかけないと理想的な不動産投資物件には出会えないという事を、覚えておきましょう。

次回からは
・物件探しのポイント
・物件の現地チェックポイント
・物件探しの裏ワザとNG物件
等について順次ご紹介します。