不動産投資物件リフォームの際に目を向けて欲しい水回り

不動産投資物件を購入した後は、借り手が付くように
リフォームしなければいけません。
そこで目を向けて欲しいのが、水廻りのリフォームです。
水廻りが古いと、どうしても不衛生な感じがするので
借り手が付きにくい傾向があります。
賃貸に出す前に、水廻りを細かくチェックして
不快な部分が無いかを確認しましょう。
水廻りは、このような部分に目を向けて確認しましょう。



・トイレ
トイレは、昔の形の様式便所では不快に思われてしまいます。
タンクレスじゃなくてもよいので、
現代の便器の形にする事がベースとなります。
また、ウォシュレットは必ず付けなければ
借り手が付かないと言えるでしょう。
乾燥までは要らないので、最低限暖房便座と
ウォシュレットは必要となります。
業者に依頼するのが理想ですが、お安く手に入れたい
のであればホームセンターで手に入れると良いでしょう。
1つ昔の型番の物を扱っているので、設備屋さんから
購入するよりはお安く手に入れる事が出来ます。
取り付けもホームセンターであっせんしてくれますので、
お任せする事が出来ます。

・流し台やレンジフード
流し台はやレンジフードは、どうしても
生活感が出てしまう部分です。
流しのシンクの中や蛇口、レンジフード、この3つは
女性としては物凄く気になってしまう部分です。
あまりにも汚れや劣化が酷い場合は、
お安いシステムキッチンに変えると一掃します。
システムキッチンはピンからキリまであり、
価格も20万円程位からあります。
不動産物件ですので、お安いシステムキッチンで充分です。
あわせて、壁面にはキッチンパネルを貼ると
メンテナンス費を低く抑える事が出来ますのでオススメです。
あわせて、キッチン周りのコンセントの位置は
使いやすい位置なのかもチェックしましょう。

・洗面台
洗面台も、非常に生活感が出てしまう物です。
完璧に綺麗に磨く事が出来たら問題ありませんが、
無理な場合はお安い洗面化粧台に取り替えるようにしましょう。
業者に頼むのが1番ですが、値段が合わない場合は
ホームセンターの物を利用してみましょう。
ホームセンターには、3万円程で洗面化粧台を取り扱っています。
幅は750㎜の物が理想であり、鏡には曇り止めが付いておる物が理想です。
また、洗面台の周りもキッチンパネルのような材料を貼ると、
メンテナンス費用を抑える事が出来ます。