老後の資金には不動産投資が最適

生活保障に関する調査によると、
老後に夫婦2人が生活していく為の
最低限必要な生活費は、22万円程と言われています。
そのため、資産運用等様々な事に
目を向けている方もすくなくありません。
株や投資信託、国際等、資産の運用方法は色々あります。
そんな中、注目されているのが不動産投資です。

不動産投資は、新たに物件を購入して不動産とする場合は、
月々のローンを家賃収入で賄って完済し、
その後は家賃収入を得ていく資産活用方法です。
このサイクルを、年金として活用していくという方法です。
老後の生活費の為に不動産投資が適している
理由とは、これらが挙げられます。

・年齢を増しても収入が可能
退職をして年齢を増して体が動きにくくなっても、
マンション等の不動産を所有していると、
借り手が要り限り家賃収入が可能となります。
月々の確実な家賃収入により、生活は充実します。

・売却をすればまとまったお金が手に入る
家賃収入を止めたいと思ったら、
不動産物件を売却してまとまったお金を手にする事が出来ます。
その費用で、老後に余裕を持たせる事も可能です。

・インフレやデフレの影響を受けにくい
株や投資信託などはインフレやデフレの影響を受けやすいので、
思った通りの利益を受ける事が出来なくなってしまう事があります。
不動産は現物の資産ですので、経済環境の変化は受けません。

・住まいは必ず必要な物
住まいは必ずなければいけない物ですので、
常に需要と供給がある物です。

・大黒柱が亡くなっても遺族年金のように収入を得る事が出来る
例え大黒柱が亡くなっても、
不動産収入がある事で遺族年金のように収入を得る事が出来ます。

・相続の際に税金が安い
不動産を相続する場合、時価に対しての評価ではなく
固定資産台帳や路線価により算出された評価により課税されるので、
相続税が少なく済みます。
他の資産を持っているよりも、節税対策とする事が出来ます。

このように、不動産を持って経営していれば、
年齢を増しても家賃収入を年金のように受け取る事が出来ます。

不動産投資をしていると、65歳まで年金がもらえない
無収入の場合でも、不動産により収入を得る事が出来ます。
65歳以降年金をもらえるようになると、
不動産収入と年金のWの収入となります。

不動産物件は減る物ではないので、
子供や孫にも不動産として継続させる事も可能です。
株や投資信託も良いですが、1番現実的なのは不動産投資です。
メンテナンスなどの費用は多少かかりますが、
それでも得られる利益の方が断然大きくなります。
既にお持ちの空き家や新規で購入する不動産物件により、
老後が気にならない収入を作ってみましょう。