戸建の不動産投資の際に目を向けて欲しい外観1

戸建の不動産投資の場合は、
マンション等の共同住宅の不動産投資とは違い、
目を向けなければいけないポイントが多くあります。
そのうちの1つに、外観があります。

マンション等の共同住宅は管理組合の方で
外観の管理をしているので、
借り手もあまり気になる事はありません。
しかし、戸建の不動産の場合、
外観の見た目というのは大きな差がある傾向があります。
不動産物件の場合古い建物が主流ですので、
どうしても外観の見た目が悪くなっている物
件が多くあるのが現状です。
見た目が良くない戸建の不動産物件は、
内観を見る事にも気が引けてしまうものです。
借主の目に付きやすいよう、
きちんとした外観作りに注目しましょう。

戸建不動産物件の外観は、
これらの部分に目を向けてみましょう。

・外壁は綺麗に
不動産の戸建は古い物が多いので、
外壁はどうしても汚れてしまいがちです。
不動産を見る際に初めて見るのが建物の外観ですので、
雨染みなど汚い状態であれば気持ちが半減してしまいます。
不動産を視察してもらう前には、
高圧洗浄などで綺麗にしておきましょう。
また、今後の外壁のメンテナンスの手間を掛けずに
綺麗な外観を維持したい場合は、
親水性がある塗料を塗布すると常に綺麗な外壁を
維持させる事が出来ます。

・門や塀を綺麗に
門や塀にブロックやコンクリートを使っている場合は、
カビや藻等で汚くなっている事が多くあります。
門や塀も高圧洗浄を掛けると、綺麗な状態となります。
綺麗を維持させたい場合は、
防カビの塗料を塗布すると綺麗を維持させる事が出来ます。

・草木等を綺麗に
不動産物件は実際住んでいない建物ですので、
どうしても雑草や木の生い茂りが激しくなってしまいます。
不動産物件を借主が視察する前には、
雑草や木を綺麗にし、清涼感を引き出しましょう。