戸建不動産投資を扱う際に注目してほしい意外な盲点に注目

戸建不動産投資物件は、
とてもニーズがある不動産物件です。
戸建不動産物件を掲載すると、
それほど時間もかけず借り手が見つかると
言われている程、ニーズが大変多い物件です。
そんな戸建不動産物件ですが、
古い不動産物件のメンテナンスの際に
意外と見落としてしまう盲点があります。
そのポイントを、まとめてみました。

・階段
戸建の不動産物件となる建物は築30年以上の
古い建物が多く、階段が古臭い場合が良くあります。
フローリングや壁紙と違い安易に張り替えが出来ないせいか、
そのままの状態で不動産賃貸物件として
貸してしまう事が多くあります。
そんな階段の上から貼れてしまう、
階段メンテナンス材があります。
6㎜程度の薄い建材であり、階段の上から
接着剤で貼るだけで新品の階段に作り替えたかのような
快適な階段へと演出してくれます。
各メーカーから出ており、ただ貼るだけですので
1日程度の工期で終わらせる事が出来ます。

・木製建具
戸建の不動産物件となる建物は築年数があるので、
木製建具も古臭い物が多くあります。
取り付いている木製建具を見ただけで古さを
強く感じてしますので、木製建具を変えてみると
ガラッと雰囲気が変わります。
あまりお金を掛けたくない場合は、
1階だけでも木製建具を取り替えると
雰囲気が大きく変わります。