不動産投資検討の際に目にする安いマンション物件の落とし穴

マンションの不動産物件を探している際に、
目を見張る様な驚く安さの不動産物件に遭遇してしまう事があります。
想像以上に安いので、この物件なら理想的な不動産収益となるとお得感に思えて、
飛びついてしまう方もいらっしゃると思います。

確かに、不動産物件というのはお安いものではありませんので、
想像より安い物件に遭遇すると気になってしまうものです。
しかし、このような格安不動産物件には必ずと言ってもいいほどの落とし穴があります。
お安いマンションの不動産物件の場合によくあるパターンを、ご紹介致します。

・最寄り駅まで以上に遠い
マンションの格安物件のほとんどが、最寄駅から物凄く遠い物件であることが多くあります。
歩いて15分以上ある物件は、入居者が好みません。
見た目が綺麗な物件でも、最寄駅から遠いというのは魅力が大きく半減してしまいます。

・セキュリティが甘い
今の時代、マンションにはセキュリティの高さを求めます。
オートロックなのは当たり前であり、防犯カメラ等セキュリティの高さがとても大きく重視されます。
格安物件の場合は、セキュリティが甘い場合がほとんどです。
下手すると、オートロックも無い場合もあります。
特に若い方は、セキュリティが甘い物件には目を向けません。